決意、子どもは私が守る

夫の懺悔ですべてを知り、夫と親友から同時に裏切られ、私が今まで毎日積み上げてきたものは一体何だったのだろうかと分からなくなりました。『人がいいのも馬鹿のうちって、これじゃそのまんまわたしのことだわ。何て馬鹿なんだろう』自分を卑下する気持ちと、大切なものが壊れた悲しみ、きっと一生かかっても許すことができないほどの憎しみ・・

自分の中では、もう離婚する他ないと思いましたが、子供たちのことを思うとためらう私がいました。

小学生という幼さで、親の身勝手な都合で父親のいない子にしてしまう。大好きなパパともう二度と一緒に暮らせなくなってしまう。そうさせた夫が許せないのと、子どもに離婚理由なんて説明できないなぁ・・いろんな思いが堂々巡りし、一か月ほど葛藤してた私にAさんから突然連絡がきました。話したくなかったけど妙な意地があり、普段と変わらないつもりで対応しました。

Aさんは精神的に少し落ち着いてきたこと、職場に復帰すること、そして夫とのその後を聞きたいようでした。

「旦那さんとどうするの?離婚した方がいいんじゃない?先に言っとくけど私は被害者だからね。うちの旦那にもこの話したから。うちの旦那に変な風に言っても意味ないから」

『え?被害者?変な風って・・どういうこと?』抑えていた怒りが込みあげました。

ダメだ、ここで文句を言ってしまえば、余計自分がみじめになる。人の夫と浮気するような女と同じ土俵には絶対上がらない。そう思って耐えました。冷静に見えるように振る舞うことが、ズタズタに傷ついた私の唯一のプライドだったのかも知れません。

Aさんに、ご主人と直接話をさせて欲しいと言うと出張だから無理と断わられましたが、その夜、ダメ元でAさん宅へ行くと、ご主人の車が駐車場にありました。Aさんのご主人は在宅で、二人で話をすることができました。

まず、ご主人に謝罪しました。Aさんにムカつきながらもご主人には『夫が大切な奥さまに大変なことをしてしまい申し訳ありませんでした』と頭を下げました。この謝罪は、わたしの夫のためではなく、全部子供たちのためでした。近所や小学校に変な噂を流されたくなくて、私だけは筋を通そうと思ったのです。

そして、子供はどうか今まで通り遊ばせてやってくださいとお願いしました。

Aさんのご主人は「妻が入院中、お世話になったと聞いてます、お礼が遅くなってすみません。ありがとうございました。子供たちはこれから中学校も一緒ですね、こちらこそよろしくお願いします。今回のことは妻も精神的に不安定でしたし、僕も仕事で傍にいてあげれなかったと反省しています。お互いに忘れましょう」と、言ってくれました。

少し気持ちが楽になったのと同時に『中学にあがってからもAさんの存在を感じるのは嫌だ』と思い、離婚と同時に引っ越しを決意しました。

どっちが誘ったとか誘われたとか、どっちかが嘘をついてるだとか、疲れきった私には、そんなことはもうどうでもいい話になっていました。全てを終わらせたい気持ちがより固くなっていたのです。

『仕事は辞めて引っ越そう、どこがいいかな』少し前まであった夫と別れるかどうかといった葛藤が消え、片親になっても私が子供たちを守りきると決意しました。

別れたくないと言う身勝手な夫に、子供たちの行き来は自由との条件で納得させ離婚しました。私は子供たちを連れて引っ越しました。

あれから数年がたち、子どもたちは元気にすくすく成長しています。時々父親と遊びにも行っているようです。

たまに元夫から復縁の話が来ますが当然お断りです。

その後、知り合いからAさん家族も離婚したと聞きました。離婚理由はAさんの浮気で、浮気相手の子供を妊娠し、Aさん夫婦の子として出産。血液型で不審に思ったAさんのご主人に調べられてバレたそうです。一瞬、元夫の子?と思いましたが違ったようでした。

Aさんのご主人と子供さん、生まれた子も可哀そうだなと思いながらも、Aさんに対しての、どす黒い気持ちがスッキリ晴れ渡ったことは内緒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です